会社案内

若吉の想い

「モノづくり」の基本を、

Man(人) Machine(機械) Method(方法) Skill(技)とし、

多種多様な精密機器の製造に、幅広く対応できる体制を有しています。

――― 社  訓 ―――

コスト意識

私たちは常にコスト意識を持って業務運営を効率化するとともに、

業務品質の維持向上に努めます。

迅速で、正しく、確実に、できるだけ早く対応します。

4つの柱

1)顧客の信頼

2)サービスの向上

3)業務運営の効率化

4)積極性・協調性の構築

会社概要

商号株式会社 若吉製作所
創業昭和17年7月
資本金1,000万円
代表者若吉 修似
所在地〒916-0005 福井県鯖江市杉本町36-2MAP
TEL0778-51-2815(代)
FAX0778-51-1805
事業内容医療機器関連
航空宇宙関連
精密機械部品
半導体製造装置部品

若吉の歩み

1942年鉄工場開業。
1943年元・中島航空株式会社の協力工場として主にネジ類を製造。
1947年各種農機具を製造販売。
1948年眼鏡枠部分品の製造販売開始。
1950年本格的に眼鏡製造部分品製造販売に転換。
1953年弱電関係部品を製造販売。
1963年鉄筋コンクリート工場一棟新築。
株式会社若吉製作所、設立。
1967年鉄筋コンクリート工場2・3階増築。
1968年メッキ工場増改築。
1969年「めがねつるの連結金具」で国内外特許取得。
1980年「WS蝶番(ちょうつがい)」で国内外特許取得。
社長若吉捨一理工学博士号授与。
1982年「WS蝶番(ちょうつがい)」で科学技術庁長官より注目発明選定証、受賞。
1988年社屋増築。
1989年健康産業部門へ進出。
スポーツレジャー施設・リオ西山。
1991年若吉捨一会長就任。
若吉修似社長就任。
1992年マシニングセンター・NC旋盤・放電加工機などNC化を推進。
1995年CAD利用による部品設計。
部品企画の社内標準化推進。
1997年パソコン通信・インターネット利用・社内LAN・電子ファイリング
事務合理化運用
1998年スポーツレジャー施設「リオ西山」に全天候型バッティングセンターを増設。
2000年医療用具関係の開発開始。
2004年医療用具製造承認書取得。
2005年第一種(クラスIII・高度管理医療器具)医療器具製造販売事業
許可番号取得。
2009年「チューバードリルW」、「エンドミルW」製造販売届けを行う。(特許出願)
第一種医療機器製造販売業許可
医療機器製造販売業許可の更新を行う。
2010年歯科用インプラント等の本格的に生産開始
2012年「歯列矯正用アタッチメント」(管理医療機器)の製造販売認証を受ける。
2013年航空宇宙部品の生産を本格的に開始
2014年第一種医療機器製造販売業許可
医療機器製造業許可の更新を行う。
医療機器、航空宇宙部門に特化
2015年ISO9001,13485の認証取得
「歯列矯正用アタッチメント」(管理医療機器)の製造販売認証を受ける。(品目の追加)